いよいよ、明日(金)から8日間に渡る、アルニヤトのレコ発ツアーが岡山から始まります。

いよいよ、明日(金)から8日間に渡る、アルニヤトのレコ発ツアーが岡山から始まります。そしてなんと富士、六本木ライブでは、ヴィブラフォーン奏者の石川裕子氏がゲストとして参加して下さります。アルニヤトのニューサウンドを是非聴きに来てください。会場でお会いできるのを楽しみにしてますね。

”Al Niyat/アルニヤト”バンドツアー(4/6-13)

taca(Accordion)
佐々木優樹(Guitar)
山下佳孝(percussions)

パリで出会った二人。数年に渡りツアーを重ね、ついに待望のファーストアルバム発売! フランス在住のtacaと日本在住の佐々木優樹のデュオ「Al Niyat / アルニヤト」。フレンチジャズ、民族音楽などで培った技術とエレクトロニカやポストクラシカルのような響きが交差する独自のサウンド。映画や風景のような曲から、白熱した即興演奏まで、その音楽は聴く人を引き込み様々なイメージをさせるだろう。 グループ名のアルニヤトとはアンタレスの両側にある二星、σ(シグマ)星とτ(タウ)星を合わせて呼ぶ呼び名。アラビア語で大動脈を意味するという。

4/6(金)岡山”蔭凉寺”
Open:19h, Start:19h30
チャージ, 3500円(当日), 3000円(前売り)
岡山市北区中央町10-28
086-223-5853
予約・お問い合わせ:waitingmatsu03@gmail.com
090-1181-5599

4/7(土)大阪”♭Flamingo”
Open 19:00 Start 20:00
Charge:3.000円+1オーダー
大阪市北区天神橋4-10-22 千寿ビル3F
(JR「天満駅」より徒歩1分)
ご予約・お問い合わせ:フラットフラミンゴ
[Tel:070-5341-2540]
http://flatflamingo.jimdo.com/

4/8(日)伊勢”楓林”
Open:17h Start:18h
チャージ:2500円(前売り)3000円(当日)いずれもワンドリンク付
伊勢市一之木2-12-10 日宝ビル二階 楓林
tel:0596-24-8790 http://www.isefuurin.com/

4/9(月)名古屋”Star Eyes”
Open:18h00 Start:19h30
4000円(当日)/3500円(予約)
名古屋市千種区菊坂町3‐4‐1 Gハウスビル1F
予約:052-763-2636
http://www.stareyes.co.jp/

4/10(火)豊橋”Jazz&Dining「Coty」”

Open:18h30, Start:19h30
Charge:3000円 (前売り), 3500円 (当日)※1ドリンクオーダー制
愛知県豊橋市花園町12
お問い合わせ:09012959476 (山本)
web:www.raku-coty.co.jp

4/11(水)静岡”スノドカフェ七間町店”
open 19h start 19h30
3500円/3000円(前売り)1 drink付
静岡県静岡市葵区七間町7- 8 
054-260-6173
http://www.sndcafe.net/

4/12(木)富士”BLITZ”
Open:18h30,Start:19h30
Charge:2000円(+ディナープレートオーダー1300円)
Guest:石川裕子(ヴィブラフォーン)
静岡県富士市 久沢222−1
0545-32-7871
http://blitz-coffee.com/

4/13(金)六本木”Claps”
Open:18h30h.Start:19h30
Charge:4000円 1drinkオーダー制(700円)全席自由
Guest:石川裕子(ヴィブラフォーン)
東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1
03-6441-3171
info@nypowerhouse.com
http://c-laps.jp

taca(アコーディオン):
1977年岡山生まれ。9才でアコーディオンを始める。20才でイタリア留学、その後パリへ。クラシック・アコーディオンをFrederic Guerouet、ジャズ・アコーディオンをDaniel MilleとChristian TOUCAS、作曲をDaniel Goyoneの各氏に師事。2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方音楽院(コンセルバトワール)アコーディオン科を首席で修了。仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドービルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバル、アルバニアのティラナワールドミュージックフェスティバル(2016)などに参加。2007年のパリ・コレクションでは若手デザイナー前浜進作氏のショーのプレゼンテーションで演奏。2017年,広島国際映画祭で演奏。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、映画音楽、ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。
2008年にアルバム『風の谷』でデビュー。『la route de la soie/silkroad project/taca』(2009年)『Wind of Legend/taca-Wind of Legend』(2012)、『LETTERS/taca』(2013)、『IL CINEMA DELLA VITA/レラーブル』(2013),『とわのひかり/Aco+taca』(2015),『幸道/レラーブル』(2016),『WoodBlast/taca-WoodBlast』(2017),『Quarante40/taca』(2017)をリリース。
http://taca.biz

佐々木優樹
中学時代にギターを始める。 プログレ、ポストロック、フォークソングなどを好む。 18歳の時、カントリーブルース、ラグタイムを演奏し始め、ジャンゴラインハルトのCDを聴きマヌーシュジャズに傾倒。 その後様々な音楽を吸収したオリジナル曲の作曲、演奏を中心に活動をする。 より線的な意識に基づく音楽性は、中東、アフリカの民族音楽や、日本の雅楽にも通づる。 2012年「Godin Player’s Competiion」にて「Godin特別賞」を受賞。 リーダーを務める「GPSY VIBS」(ジプシーヴァイブス)では、 オリジナルを含む5曲を収録したCDと、茶工房豊好園の品種茶十種とのコラボレーション商品「響十茶」を2013年に発売。 「ふじのくに新商品セレクション」金賞、 世界緑茶コンテスト 金賞受賞。 2014年、ファーストアルバム「Story」を発売。 2017年7月、セカンドアルバム「Tower -誕生-」を日本を代表するジャズヴィブラフォン奏者の赤松敏弘プロデュースで発売。https://www.yukisasaki.com/

山下佳孝

高校時代にドラムを始める。
大学時代にジャズのビッグバンドに入ったことがきっかけで、
ジャズを演奏し始める。佐竹伸泰氏に師事しジャズを学ぶ。次第にジャズ、ボサノバなどのドラムに傾倒していく。
大学卒業後、ニューヨークのDrummersCollectiveに留学、ジャズをはじめとしたドラム、アフリカやブラジルのパーカッションを学ぶ。
帰国後、さまざまなライブ、レコーディングに参加し、native, p-4k, the Cloudtailsで、数多くのCD、アナログをリリースする。
2016年スタンダードなジャズのピアノトリオDear
Bluesで3枚目となるアルバムをリリース。名古屋ブルーノートでの出演、2013年秋には、フランス
リモージュでのジャズフェスティバルに招待され好評を博した。
オリジナルジャズバンドTRISPACEでは3枚のアルバムをリリース。2012年に発売されたアルバムはスペイン、イタリア等でも話題となった。定期的に東京、名古屋でライブ活動を行い、2014年にはスウェーデンとイタリアでレコーディングとツアーを行い、2015年には新しいアルバム
‘nightfall’ をリリースした。
2016年には椿田薫カルテットのアルバムレコーディング・ツアーに参加
その他にも、ジャズにとどまらず、ラテン・ブラジル音楽からジプシー音楽ポップスまで幅広いライブ・レコーディングに精力的に参加している。

https://www.facebook.com/events/168887027218298/

カテゴリー: facebook   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。